2015年08月30日

api-ms-win-crt-runtime-l1-1-0.dll がない

TortoiseSVNを1.9.0に更新したら
なぜか、wiro2が起動時にエラーになりました

「コンピューターに api-ms-win-crt-runtime-l1-1-0.dll がないため、プログラムを開始できません。」
(略)
notfound_api-ms-win_crt_runtime_l1-1-0_dll.jpg

他のソフトでもチラホラでてるようですね

結論からいうと、VCのランタイムを入れろ、という事らしいです
TortoiseSVNのダウンロードPageに
http://tortoisesvn.net/downloads.html

Missing DLLsという項目があり、
C-Runtime redistributable.
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=48145
からVCのランタイムへのリンクがあります

VCのランタイムを入れたらエラーは無くなりました

システムDLLでも更新してくれたんでしょうか?
DLL HELLですか?

wiro2では、
IShellIconOverlay::GetOverlayIndex()のコールでこのエラーが出ていました
このAPIはShell32.DLLにあるようですが、
Shell32.DLLのからapi-ms-win-crt-runtime-l1-1-0.dllへはたどりつけませんでした

api-ms-win-crt-runtime-l1-1-0.dllは
MSVCP140.DLLか、VCRUNTIME140.DLL辺りに含まれるようです
notfound_api-ms-win_crt_runtime_l1-1-0_dll_2.png

IShellIconOverlay::GetOverlayIndex()も、まわりまわってこの辺のDLLを使ってるんでしょうかね?

どこかのサイトでみかけましたが、このランタイムDLLはKBxxxxxxxになってるらしく、
インストールしなくてもそのうちMicrosoftUpdateで更新されるんだとか。。。
posted by sanahi at 22:27| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | wiro2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Remarks
記事中にソースコードが含まれる場合、ソースコードの再利用、改変、「オレのものにする」等は自由ですが、
ソースコードを利用して起こった問題は一切責任を負いません。(自己責任での利用となります。)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。