2011年06月06日

FreeBSD8.0R->8.2R(freebsd-update)

EoL(end-of-life)になってはや数ヶ月
ようやくFreeBSD8.0R->8.2RへUpgradeした

今回は初めてfreebsd-updateコマンドを使ってみた
実はZFS周りを調べるのが面倒だったとか?

freebsd-updateによるUpgradeは
Announcementに手順が書いてありました
8.0R->8.2Rもfreebsd-upgrade可能と記述されていたのでひとまず安心
http://www.freebsd.org/releases/8.2R/announce.html

と、実行する前にviが嫌いな私はeeにEDITOR環境変数を確認、設定しておく
設定のマージ作業で自動起動される場合がある

では、suで、
# freebsd-update upgrade -r 8.2-RELEASE
...
Does this look reasonable (y/n)? y
その後、延々と調査やDownloadが行われ、設定のマージへ進みます

設定がコンフリクトしたらエディタが起動して編集を強いられます
以下のような前と後の設定が両方表示されているので、
いい感じに設定ファイルとして問題ないように調整します
...
<<<<<<< current version
Port 220   --> Upgrade前の設定
=======
Port 22    --> Upgrade後の設定
>>>>>>> 8.2-RELEASE
その他は、
Does this look reasonable (y/n)? y
ずっとy

その後、更新するファイルがダラダラ表示
どうやら、ソースも取得されるらしい

終わったら、
# freebsd-update install
その後、再起動して
# freebsd-update install
念のためもう一回
# freebsd-update install

最新パッチも一応チェック
# freebsd-update fetch
Looking up update.FreeBSD.org mirrors... 4 mirrors found.
Fetching metadata signature for 8.2-RELEASE from update4.FreeBSD.org... done.
Fetching metadata index... done.
Inspecting system... done.
Preparing to download files... done.

No updates needed to update system to 8.2-RELEASE-p2.
バイナリはどうやら最新になるようだ

が、/usr/src/UPDATINGを見る限りは、ソースは最新ではない気がする
新しいcvsupファイル
/usr/share/examples/cvsup/standard-supfile
をコピーして、cvsup鯖を設定してcvsup
# cvsup -g -L 2 standard-supfile
Parsing supfile "standard-supfile"
Connecting to cvsup5.FreeBSD.org
Connected to cvsup5.FreeBSD.org
Server software version: SNAP_16_1h
Negotiating file attribute support
Exchanging collection information
Establishing multiplexed-mode data connection
Running
Updating collection src-all/cvs
 Edit src/UPDATING
  Add delta 1.632.2.19.2.3 2011.04.20.21.00.24 cperciva
  Add delta 1.632.2.19.2.4 2011.05.28.08.44.39 simon
...
やはり更新された
不要なのだろうが、念のため。。。

8.2Rにししたら、例のACPI関連エラー
http://sanahi.seesaa.net/article/136585685.html
が無くなった!
/boot/loader.confの設定消してもOK
バンザーイ!!
IdeaPadS9eとFreeBSD8.2Rの相性は良さそう
(ちなみにバッテリーは逝ってしまったのではずしている)

1つ問題が
dmesgのログから、
Setting date via ntp.
Error : hostname nor servname provided, or not known
 ********
ntpdate[519]: can't find host ntp.nict.jp
Error : hostname nor servname provided, or not known
 ********
ntpdate[519]: can't find host 0.freebsd.pool.ntp.org
Error : hostname nor servname provided, or not known
 ********
ntpdate[519]: can't find host 1.freebsd.pool.ntp.org
Error : hostname nor servname provided, or not known
 ********
ntpdate[519]: can't find host 2.freebsd.pool.ntp.org
 ********
ntpdate[519]: no servers can be used, exiting
起動時の時刻同期が失敗している模様

色々試した結果
ntpdate_enable="YES"
#ntpdate_flags="-b ntp.nict.jp" <--ダメ
#ntpdate_hosts="ntp.nict.jp"  <--ダメ
ntpdate_hosts="133.243.238.164" <--OK
で、
Setting date via ntp.
 ********
ntpdate[518]: sendto(133.243.238.164): Unknown error: 0
  ******** ntpdate[518]: step time server 133.243.238.164 offset 0.257807 sec
うまくいったようだ
posted by sanahi at 23:00| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FreeBSD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Remarks
記事中にソースコードが含まれる場合、ソースコードの再利用、改変、「オレのものにする」等は自由ですが、
ソースコードを利用して起こった問題は一切責任を負いません。(自己責任での利用となります。)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。