2007年07月29日

SUMでE_FAILエラー

BCB6でPostgreSQL(FreeBSD)にアクセスしてたら、
なんと、SUMでエラーになりやがりました。
{
    ADOQuery1->SQL->Clear();
    ADOQuery1->SQL->Add("SELECT SUM(hoge) AS gokei");
    ADOQuery1->SQL->Add("FROM hoge_tbl");
    ADOQuery1->Open();
    // ...
    // ...
}
とかやると、
「データ プロバイダまたはほかのサービスが E_FAIL 状態を返しました。」
意味わかりませんがな。

pgAdminIII上ではOKなので、何がわるいのやらさっぱりだったのです。

Bigintだけが集計が出来ない模様。
VBでADO使ってる人がCOUNT()以外の集計関数でエラーになるという記事がネットであった。しかし、無回答

がしかし現象は同じなのでODBC関連ではないかと気づく。

そして、ODBCドライバがえらく古いことに気づく。

ODBCドライバを最新にすることであっさり解決。
7.01.00.06→8.02.04.00

PostgreSQL ODBCドライバ
http://www.postgresql.org/ftp/odbc/versions/msi/
ちなみに、
古いODBCドライバをアンインストール後、新しいドライバを入れると、 古いODBCドライバでシステムDSNに設定していた構成が消せ無かったのですが、(エラーになる)
新しいODBCドライバで再設定して保存すれば上書きされました。

最近テンパってるので、気づくのに時間かかります...やれやれ
ヽ( ´¬`)ノ
posted by sanahi at 00:46| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | Develop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

PostgreSQLのODBCドライバ・手動インストール
Excerpt:  通常はPostgreSQL(postgresql-8.2-ja.msi等に)に付属していますので、インストーラからドライバのみを選択->インストールできます。 手動(プログラム上から)で..
Weblog: 作業日報
Tracked: 2008-02-16 12:07

Remarks
記事中にソースコードが含まれる場合、ソースコードの再利用、改変、「オレのものにする」等は自由ですが、
ソースコードを利用して起こった問題は一切責任を負いません。(自己責任での利用となります。)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。