2007年09月05日

Permission denied (publickey,gssapi-with-mic,password).

最近Linux(CentOS)を触るようになりましたが、
受け側にssh public_keyを登録しても、どうしてもパスワード認証になってしまう。
Permission denied (publickey,gssapi-with-mic,password).
とかでます。

結論からいうと、
~/.ssh と ~/.ssh/authorized_keys
のアクセス権をちゃんと設定(700 と 600)する。
が、必要らしい。
そういえば、受け側は手動で作ったので、デフォルトの755と644だった。
動作確認してから、後でちゃんと設定すればいいやとかおもってた。

FreeBSDもそうだったかなぁ・・・
ラベル:FreeBSD Linux CentOS
posted by sanahi at 10:00| 滋賀 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | FreeBSD | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
/etc/ssh/sshd_config に
#PermitRootLogin yes



PermitRootLogin no

になっていると下記のようなエラーが出ます。

Permission denied (publickey,gssapi-with-mic).
Posted by bogati at 2011年05月16日 16:28
コメントありがとうございます。

手元のFreeBSDの設定は
#PermitRootLogin no
となっているので、デフォで
PermitRootLogin no
なんだろうと思います。

当時のCentOSの設定は確認できませんが、
rootでのログインはこの件とはあまり関係無い気がしますー
Posted by sanahi at 2011年05月17日 17:10
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック