2015年11月22日

XE7ユーザーが「Summer 2015 XE7 Update Subscription Update」を適用する方法

少し前ですが、
Summer 2015 XE7 Update Subscription Update
http://cc.embarcadero.com/Item/30410
が出ています。
これを適用するためのメモ

結論から言うと、10 Seattleをアップデートサブスクリプション付きで購入しろという事


これを適用するには「アップデートサブスクリプション」に加入している必要があります

「アップデートサブスクリプション」は製品購入時か、
後からの場合は製品購入日より30日以内でないと加入できないようです
http://www.embarcadero.com/jp/products/rad-studio/update-subscription

XE7を購入した当時「アップデートサブスクリプション」というシステムは有りませんでした

XE7購入者が「Summer 2015 XE7 Update Subscription Update」を適用するにはどうすればよいか?

・「Summer 2015 XE7 Update Subscription Update」を適用するためには、XE8のライセンスが必要
・10 Seattleをアップデートサブスクリプション付きで購入
・プロモーションを利用して XE8のライセンスを取得
・「Summer 2015 XE7 Update Subscription Update」を適用


えーと、キャンペーンがあったっけ。。。

https://www.embarcadero.com/jp/radoffer
RAD Studio 10 Seattle Professional ESD バージョンアップ  (¥145,000 +¥72,000)= ¥217,000

まるでお得な感じがしない!(XE5以前ユーザと同じだし!)

XE7を使い続ける理由の一つにEX8からGingerbreadをサポートしなくなった事があります

アプリケーション開発用にサポートされている Android デバイス
http://docwiki.embarcadero.com/RADStudio/XE7/ja/アプリケーション開発用にサポートされている_Android_デバイス
http://docwiki.embarcadero.com/RADStudio/XE8/ja/アプリケーション開発用にサポートされている_Android_デバイス


Update価格>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>Update内容
posted by sanahi at 12:24| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | RadStudio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

MH4GWeak 1.0.0

RadStudio XE7 Androidアプリ第2号作りました!
http://sana.orz.ne.jp/mh4gweak/

XE5で遅すぎたTStringGridですが、だいぶ改善されていたので採用しました。。。
が、まだ使い物には程遠いですね

なんか、バグもあるし(このバグで困っている)

列で管理してる割には列単位でセンタリング出来ないし、フォントサイズも全体しか変えられない
サイトで見つかる情報は古いようで、XE7では動かない

あと、「スタイル付きマスタフォーム」がTFrameに対応していない
フレーム使うとまるで役に立たない
posted by sanahi at 00:14| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | RadStudio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

CH-AND743のAndroid debug用USB Driver

AKARTの中華PADを手に入れました!
CH-AND743
http://akart.jp/products/andoroid_tab/1326.html

非常に怪しい感じがしますが、そこそこ使えそうです。(デバッグ用に!)

で、USBドライバですが、、、無いようです
ドライバ無しでも繋いでMTPにすればWindows8.1からは認識するようです

端末自体はドライバ無しで認識.png

でも、RadStudioXE5には出てきません

色々探しても情報は無かったので以下のサイトでINFファイルを作成してみました

AdbDriverMakerホームページ
http://android.kojin.biz/AdbDriverMaker/

作成時に名称が[Android]って出たのでちょっと気になりましたが
認識するようになりました
(defaultのドライバ書き換えてないか?)
結構めんどいドライバの更新方法も上記サイトが非常に参考になります

認識されたデバマネ.png

XE5で認識.png

INFファイルはここに置いておきました
http://sana.orz.ne.jp/usb_driver/

なんだか怪しいのでご利用は自己責任で!
ラベル:driver DEBUG android XE5
posted by sanahi at 02:10| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | RadStudio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

MH4Weak Ver1.0.0

RadStudio XE5 Androidアプリ第1号作りました!
http://sana.orz.ne.jp/mh4weak/

google play storeにも掲載できた模様
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.ne.orz.sana.mh4weak
google play developerの登録料$25(USD)の払い込みに4日かかった
最大48時間なんてウソだ!(問い合わせメール2回送信)

データと検索はローカルDB(SQLite)を使用しています

一覧の部分はTStringGridでは描画が遅すぎたのでTWebBrowserにました
なのでHTMLとCSS
さすがにブラウザコンポーネントはヌルヌルスクロールする

簡易のWindows版も公開したかったのですが、FireMonkeyのTWebBrowserはWindows版がなぜか存在しない
(TStringGridはヌルヌル軽かったのですが。。。)

次の?アップデートで使えるようになるといいな
posted by sanahi at 13:12| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | RadStudio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

RadPHP XE2でAndroid(略)-JavaScript関数の追加

RadPHP XE2(Update4)でスタンドアロンなAndroidアプリをがんばって作成してみる試行錯誤メモです。
Webサーバーへ接続を行わず、ローカルでのみ動作するようにします。

PhoneGapのデモを見るとイベント応答だけで作成されてるものばかりなのですが、
ふつーは関数を作りますよね

RadPHP XE2でJavaScript関数をどうやって追加するのか?

とりあえずhoge.jsを作ってプロジェクトに放り込んだとします
hoge.js

function hoge()
{
alert('hoge');
}

hoge_js.jpg


  • そのまま埋め込む方法(非推奨)
    最初はコレやると思います
    ユニットを使うでhoge.jsを追加します
    ユニットを使う.jpg

    ユニットを使用する.jpg
    すると、フォームのソースに

    require_once("hoge.js");

    という行が追加されます
    uses節や#includeに似てますね

    関数を呼んでみます

    function MButton1JSClick($sender, $params)
    {
    ?>
    //begin js
    hoge();
    //end
    <?php
    }
    }


    コレで動くのですが、HTMLのソースを見ると、、、
    ありえないところに関数が突っ込まれる.jpg
    ありえないところに関数が突っ込まれます
    DOCTYPEの上とか、何でこんなところに突っ込むんでしょうか?

    イベントハンドラ用のリンクをみると、
    イベントハンドラ用のリンク.jpg

    コッチにも入ってる.jpg
    コッチにも入ってます
    コッチだけで良いはずなのに、、、

    HTML側はコードが長くなるとHTMLローディング中に一瞬表示されてしまうので格好悪いです
    要らない物だし
    hoge.js

    //<!--
    function hoge()
    {
    alert('hoge');
    }
    //-->

    としておけばマシになりますけど、きもちわるい


  • <header>タグ内に入れる方法
    普通はこうするはず
    docwikiにはOnBeforeShowHeaderに書けとあります
    確かに<header>タグ内に追加されますが、
    これはPHPのイベントなのでダメ
    ブラウザ上では動きますが「PhoneGap Wizard」を通すと動きません

    ソースを眺めた結果

    「dumpHeaderJavascriptをオーバーライドする」が良さそうです

    ...
    function dumpHeaderJavascript($return_contents = false)
    {
    parent::dumpHeaderJavascript($return_contents);

    ?>
    <script src="./hoge.js"></script>
    <script>
    function chott()
    {
    alert('ちょっとしたJavaScript関数');
    }
    </script>
    <?php
    }
    ...

    こうすれば、JSファイル使わなくてもちょっとしたJavaScript関数も直接埋め込み可能

    キレイに出た.jpg
    キレイに出た

    上記方法では条件によってはダメなようです
    追記(2012/06/16)参照

    この方法は注意点が1つある
    外部JSファイルは「PhoneGap Wizard」が認識していない
    そのため外部JSファイルはコンパイル直前にwwwディレクトリへコピーする必要がある

    PhoneGapWizard1.jpg

    外部JSファイルはエクスポートしてくれない.jpg

    このあたりで外部JSファイルをコピー
    すかさずコピー.jpg

    Wizardを進めれば完成

    「PhoneGap Wizard」もうチョットなんとかならんのかな、、、
    ビルド前イベントとかあれば良いのに


続きを読む
ラベル:android
posted by sanahi at 23:00| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | RadStudio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RadPHP XE2でAndroidアプリをがんばる

RadPHP XE2(Update4)でスタンドアロンなAndroidアプリをがんばって作成してみる試行錯誤メモです。
Webサーバーへ接続を行わず、ローカルでのみ動作するようにします。


  1. RadPHP + jQueryMobile + PoneGap - PHP
    まず、言語としてのPHPは「ほぼ」使用しません。
    使用するとクライアント/サーバーアプリになってしまうからです。
    制御構文はWebブラウザ上のJavaScriptで記述します。
    RadPHP XE2自体はRADなIDEとして使用します。

    ちなみにjQuery,jQueryMobile,PhoneGapを知らないので、ここからスタート。あ、RadPHP XE2も

  2. jQueryMobileの情報源
    jQueryMobileは主に端末用のデザインカスタムのようで、
    主要な関数はjQueryを調べないとわからない

    jQuery日本語リファレンス
    http://semooh.jp/jquery/

  3. IDE
    「ツール-オプション」-「環境オプション」-「ブラウザ」
    ブラウザを設定しておく
    一応Android用なので、google chromeをインストールして設定した
    ソースからリンクに飛べるので捗る

  4. プロジェクト
    「ファイル」-「新規作成」-「その他」-「MobileApplication」

  5. フォーム
    フォームのEncodingプロパティをutf-8に変更する

    フォームのLanguageプロパティは変更しない"(default)"のまま
    JapaneseをセットするとJapanese用のxmlが追加されてしまう。多言語対応用の機能みたいだが機能しない模様
    (デモすらまともに動かなかった)

    フォームのUseAjax,UseAjaxUriは設定しない(サーバーにアクセスしない為)
    「PhoneGap Wizard」でこれらを設定するように警告されたら、どこかでサーバーアクセスが発生していると思われる

  6. TMButton等のonSubmit系
    ButtonTypeをbtSubmitからbtNormalに変更する

  7. イベントハンドラ
    PHPのイベントハンドラタブは使用しない、JavaScriptタブを使用する
    JavaScriptイベントハンドラタブ.jpg
     (PHPのイベントハンドラを記述すると「PhoneGap Wizard」でUseAjaxを強要され、サーバアクセスになる)

    イベントハンドラ内のJavaScriptコードはPHPのヒアドキュメントで記述

    function MButton1JSClick($sender, $params)
    {
    ?>
    //begin js
    alert('hoge');
    //end
    <?php
    }


  8. フォーム上の要素にアクセス
    フォームにTLabelを貼り付けた場合のLabel1へのアクセス
    PHPのフォームのメンバに$Label1が追加されるがJavaScriptからアクセスできないので使用しない

    JavaScriptなのでHTMLの要素としてアクセスする必要がある
    少なくとも以下の3通りの書き方がある

    // 1
    {
    var Label1 = document.getElementById('Label1');
    Label1.innerHTML = 'hoge';
    }
    // 2
    {
    var Label1 = jQuery('#Label1');
    Label1.html('hoge');
    }
    // 3
    {
    var Label1 = findObj('Label1');
    Label1.html('hoge');
    }


    1は一般的なDynamicHTML
    2はjQuery流
    3はRadPHP流?


  9. findObj()
    この関数は何でしょうか?
    jQueryでもjQueryMobileでもPhoneGapの関数でもない
    RadPHPのヘルプにも説明が無い
    しかしデモやサンプルではモリモリ使用している

    ソースを探すと以下のような関数が見つかり納得

    //functions.js
    function findObj(id,thedoc)
    {
    return jQuery('#'+id);
    }


  10. jQuery()と$()
    jQueryのヘルプ等をみると、$('Label1')のように$を使用しています
    RadPHP XE2上で$()を使用すると動かず、jQuery()の記述が必要になってくる
    ヘルプ通りに書けない、きもちわるい、なぜだ?

    これは、
    他のスクリプトで$()を別の意味で使用している場合の衝突回避にjQuery()を記述する模様
    prototype.jsと同時に使うには
    http://semooh.jp/jquery/ref/cont/with_prototype/

    そうするとfindObj()はjQuery()と$()を容易に切り替えられるスタブと考えられる
    findObj()を使った方が良さそう



ラベル:android
posted by sanahi at 01:14| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | RadStudio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

JSで自動メール印刷2

seesaa UI変わりすぎてよくわからんw

「JSで自動メール印刷」で課題のあったExecWB( 6, 2 )ですが、
本来はExecWB( 6, 2, 3 )とすれば完了待ちできるのですが、
この第3引数は、VARIANT of type VT_I2らしく
要するに2byte整数を保持するVARIANTを渡さないといけないらしいです。
これはJScriptでは無理っぽいです。

そこで、C++BuilderXE2でやってみました。
//---------------------------------------------------------------------------
//! IEで印刷
/*!
    @param[in] fname
*/
void __fastcall TFormMain::PrintIE( UnicodeString fname )
{
    Variant ie  = Unassigned;

    try {
        //LogOut("IE起動...");
        ie = Variant::CreateObject("InternetExplorer.Application");
        ie.OlePropertySet("Visible", false);
        //LogOut("IE起動...OK");

        // ページロード
        //LogOut("ページロード..." + fname);
        ie.OleProcedure("Navigate", WideString(fname) );
        if( IeBusyWait(ie, 60) == false ) {
            throw new Exception( UnicodeString().sprintf(L"ie.Navigate() TimeOut(%s)", fname) );
        }
        //LogOut("ページロード...OK");

        // 印刷(ブロッキング)
        //LogOut("印刷...");
        ie.OleProcedure("ExecWB", OLECMDID_PRINT, OLECMDEXECOPT_DONTPROMPTUSER, (short)3 );
        //LogOut("印刷...OK");
    }
    __finally {
        if( VarIsEmpty(ie) != true ) ie.OleProcedure("Quit");
        ie = Unassigned;
    }
}
たしかにコレなら待ってくれますね。。。
全ソースはコチラ
PrintAppSrc.7z
posted by sanahi at 22:04| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | RadStudio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

C++Builder2007でOLEエラー80131052, ClassID: {F8FEDD39-E3CE-4B8D-A657-9CA24686881F}.

C++Builder2005で作成されたプロジェクト(MHPTunnelのGUI部ソース)を
C++Builder2007で開こうとするとエラーになった


---------------------------
エラー
---------------------------
OLE エラー 80131052, ClassID: {F8FEDD39-E3CE-4B8D-A657-9CA24686881F}.
---------------------------
OK 詳細(D)>>
---------------------------

ぐぐると、まず以下のサイトが見つかるが。。。

Bdsproj2mak の OLE エラー ClassID {F8FEDD39-E3CE-4B8D-A657-9CA24686881F} について
http://support.embarcadero.com/article/36734

まず、ひらけないIDEはC++Builder2007であり2006ではない
そもそも、bdsproj2mak.exeが存在しない

.NetFrameworkは1.1は未インストール

と、いうことで解決には至らず

RADStudio2007 + RADStudio2010環境のRADStudio2007でNG
C++Builder6 + RADStudio2007環境のRADStudio2007では開けた

上記どちらも.NetFrameworkは、1.1は無しで、2.0 ,3.0, 3.5が入っている



んー、どうすれば。。。

とりあえず、開ける環境でやってみかな。。。
posted by sanahi at 02:32| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | RadStudio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

RAD Studio XE リリース

もう何日も経っていますが、
RAD Studio XE
http://www.embarcadero.com/jp/products/rad-studio
がリリースされたようです

詳しく見てませんが、
旧バージョンのライセンスとインストールイメージのダウンロードができるようですね。
http://www.embarcadero.com/jp/products/rad-studio/faq#4

Delphi7とC++Builder6が使えるようなので、コレはありがたいです。




ま、ソレと気になるのが

Delphi XE と C++Builder XE で修正された不具合一覧
http://edn.embarcadero.com/jp/article/40821
# Delphi XE と C++Builder XE には、XEのリリースにおいて修正された数千個の不具合のうち、
# Quality Central で報告されていた約千個の不具合の修正が含まれています。

結構古いバグも修正入ってるみたいでありがたいですが、
旧バージョン使ってバグ報告したら、次のバージョンで直ってるとか
結果的に有料バグ修正てことでしょうか?

なんだかな〜

RAD Studio 2010も購入して大して使わないままXEきちゃったし、
お布施ばっかりしちゃってるよなぁ〜

製品の完成度上げて欲しいわ。
もちろん無料で。
posted by sanahi at 22:41| 滋賀 | Comment(0) | TrackBack(0) | RadStudio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

RADStudio2010 インストール

ようやくインストールした

RAD Studio 2007の入った環境にインストール
特に問題なし
InstallAware7も入れましたが、自動で
RAD Studio 2007のInstallAware6をUnInstallしてからInstallしてくれたもよう

私のデフォルトプロジェクトを以下のように設定

コンパイラオプション1

コンパイラオプション2

コンパイラオプション3

これでOKかとおもいきや

新規作成して、
新規作成して

プロジェクト見たら、

_TCHARのマップ先反映されて無いし、、、
反映されてないし

こういう使い方しないのかな・・・
ラベル:C++Builder2010
posted by sanahi at 22:39| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | RadStudio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Remarks
記事中にソースコードが含まれる場合、ソースコードの再利用、改変、「オレのものにする」等は自由ですが、
ソースコードを利用して起こった問題は一切責任を負いません。(自己責任での利用となります。)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。