2010年02月08日

wiro 0.2.18.release

長らくβにしていた分を今更リリース(ぉ
他、UnGCA32.DLLに中途半端対応
Ver 0.2.18.release 2010/02/08
    ・UnGCA32.DLL対応(解凍のみ、書庫内表示不可) GCAファイルの
      解凍のみです
      パスワード付きGCAファイルの解凍ではパスワード入力画面が
      2回出ます(Ver0.11b)
      wiroは解凍前にファイルのチェックを行い、解凍する
      アーカイバDLLを決定するのですが、
      UnGCA32.DLLのチェック関数がパスワードを要求し、解凍関数
      で再びパスワードを要求するためです

    ・FTPセッション共有モード追加
      FTP設定->オプション「セッションを共有する(default=OFF)」
      セッション共有をONにすると、一覧表示に使用している
      セッションでDownload等の処理も行うようになります
      1ユーザ辺り1セッションしか接続できないFTP鯖設定の場合に
      使用してみてください
      ただし、Download等の処理中に他の処理ができなくなります
      OFFの場合、Downlaod等の処理は新しいセッションで行います
posted by sanahi at 01:25| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | wiro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

wiro 0.2.17

beta版で放置していたのを、release版へ。。。

http://hp.vector.co.jp/authors/VA015517/wiro/
Ver 0.2.17.release 2009/04/30
    ・ネットワークドライブがUNCパスに変換されないようにした
      (元動作にするには、設定のリストタブ
       「可能な限りUNCパスで表示する」=ON)
    ・WinXP+IE7環境でwiroの更新チェックが出来ないバグFIX(BTS:204)
    ・update.dll: Content-Lengthが取得できないWeb鯖に設置して
      もUpdateできるように改善(BTS:205)
    ・@を含むユーザ名でFTP接続できない対策
      ユーザ名に'@'を含む場合は'%40'と設定してください
      その他特殊文字を扱う場合もURLエンコードした文字を
      設定してください(BTS:206)

FTPクライアント周りを急遽対応したのですが、まだ改善の余地があるようです
どうも1セッションしか許可しないFTP鯖があるようで、
現状のwiroではファイル転送時に別セッションを張る為、Up/Downloadが出来ません
ん〜、なんとかしたいな〜

つうか、1セッションとか厳しくね?

DTIなんですけどね

CodeGearRAD Studio2009未入手
posted by sanahi at 05:15| 滋賀 | Comment(0) | TrackBack(0) | wiro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

wiro XP+IE7環境で更新エラーになる

バージョン:〜Ver 0.2.16.release

WinXP + IE7環境で
「wiroの更新チェック」をするとエラーになる場合があります
「Caldix.exe更新チェック」も同様

原因は、上記環境でのWININET.DLLが内部でDWMAPI.DLLを必要とし、
DWMAPI.DLLがXP環境には存在しない為のようです


↑はどうも違うようです _no

回避策を調査中です

orz続きを読む
ラベル:wiro
posted by sanahi at 02:01| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | wiro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

wiro 0.2.16

beta版で放置していたのを、release版へ。。。

http://hp.vector.co.jp/authors/VA015517/wiro/
Ver 0.2.16.release 2008/11/13
  ・7-zip32.dllからパスワード暗号化できるようにした
    (.zip/.7z両方)(失敗する場合は最新のdllに更新してください)
  ・7-zip32.dllの最近のオプションに対応(圧縮Lvなど)
    (失敗する場合は最新のdllに更新してください)
  ・7-ZIP32.DLL(Ver4.57.0.01 時点)は
    パスワード暗号化+自動解凍書庫(内蔵版)は未対応だそうです
    EXEは出来ますが解凍に失敗します
    SFXモジュールの指定で 7z.sfx を指定して使用してください
    # 7z.sfx は http://www.7-zip.org/ より7-zipに付属しています
    # 7z.sfxは 7-zip32.dllと同じディレクトリに置いてください
次あたりからは、unicode版を作りたいなぁ。

C++Builder2009売ってないんですけどおw
posted by sanahi at 02:27| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | wiro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

wiro 0.2.15

久々更新〜
0.2.15.release 2008/05/14
    ・アイコンオーバーレイ表示対応(TortoiseCVSとかTortoiseSVNとか用?)(デフォルトON)(BTS:200)
      「設定→リストタブ」よりOFF可能(ただし、OFFにすると従来表示されていた共有とリンクのオーバーレイ表示も消えます)
      現状の方法ではWin2000以降、WinMe以降で表示できる仕様(MSDNより)ですが、手元の環境ではWin98SEでも表示されています
    ・コンボボックスによる直接パス入力や選択後にキャプションやタスクバーにパスが反映されないバグFIX(BTS:201)
    ・リストタブ文字列に "&[半角space]" が含まれると、ショートカットとして勝手にタブが切り替わるバグFIX
NT4使うだろうか、う〜ん。。。
posted by sanahi at 01:14| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | wiro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

wiro beta

バグ1件修正しています
ベータ版なので通常はupdate不要です
リリース版をお待ちください

更新チェックでインストールする場合は、URLを変更する必要があります。
ttp://hp.vector.co.jp/authors/VA015517/wiro/index.html

ttp://www.biwa.ne.jp/~chu2/software/wiro/beta/beta.html
posted by sanahi at 22:50| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | wiro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

wiro 0.2.13

変化少ないですが、半ば無理やりリリース(ぉ
Ver 0.2.13.release 2006/08/20
    ・スレッドダイアログをログエリアに統合
    ・内部スレッド処理の大幅リファクタリング
    ・FTP処理をスレッド処理に変更(BTS:178)
      FTP処理スレッド化に伴いFTPのセッション管理仕様が少し変わります
      ディレクトリを参照、移動しているセッションとは別にスレッド処理を行ったと
      きは新しいセッションを生成します
      処理終了後にスレッド内のセッションはdisconnectされます
      FTPディレクトリのセッションdisconnectは今までどおりタブ削除か別のタブと同
      期、LogDisk等です
    ・スレッド数を5固定から可変に変更
    ・更新履歴表示メニュー追加
    ・書庫内の部分ファイルをコピー中に別の書庫内ファイルをコピーしようとすると正し
      くコピーできないことがるバグFIX(BTS:196)
    ・空のUSBドライブやMOドライブへ移動できないことがあるバグFIX(BTS:194)
    ・スレッド同期オプション追加(default=OFF)ONでスレッド処理が終わるまで待ちま
      す
外見ほぼ変わらない地味な更新ですが内部はエライことしてました。。。
posted by sanahi at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | wiro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

wiro 0.2.12

サイトではリリースしていたのですが、、、、ワスレチャッタ?
Ver 0.2.12.release 2006/05/14
    ・ファイル一覧で拡張子名がエラく長い時にアイコンが見えなくなるバグFIX
    ・Explorer起動で","を含むパスが開けないバグFIX
    ・GraphicViewer用アイコンを更新
    ・FTP実装部をリファクタリング


Ver 0.2.11.release 2006/03/04
    ・画像ビュアのリサイズ処理にgdiplus.dllを利用できるオプション追加(デフォルトOFF)
    ・画像ビュアでMetafile時透過描画になっていたバグFIZX
    ・デバッグメニュー削除
    ・設定ダイアログ一部文言調整
    ・ソフト更新時のUserAgentのデフォルトを"wiro updater"に設定
0.2.10以降であればwiro自動更新機能を試されたし
posted by sanahi at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | wiro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

wiro 0.2.10

wiro 0.2.10 リリースしますた
ベクターの方も反映済み
Ver 0.2.10.release 2006/02/09
    ・起動時にログにバージョンNoを出すようにした
    ・GraphicViewerにて、Enterしたとき、カーソルが1つとびになるバグFIX
    ・LabelPathを太字にしていたが、アクティブ/非アクティブでフォント色、背景を変えるようにした
    ・自己解凍形式書庫に対応(unlha32.dll,zip32j.dll,7zip32.dll,cab32.dll) (BTS:101)
    ・二重起動防止
    ・wiro自動更新機能実装 (BTS:137)
      cabinet.dll か、cab32.dllが必要です。
    ・コンパイラオプションの変更

今回は自動更新機能が目玉です。
チェック以外は次のバージョンUp時くらいしか役立たないわけですが・・・
二重起動防止は自動更新機能の実装のために実装したようなものです。
チェック/更新時は"$(WIRO)\\Update" ディレクトリに必要なデータを置きます。
不要であれば削除してかまいません。

また、更新時にcabinet.dllかcab32.dllが必要になります。(どちらかがインストールされていればOK)
更新前にチェックするのでエラーにならずに更新処理が進めばOKです。

cabinet.dllはWinXPでは標準?
MS製品の何かのインストールでもインストールされるようですが、何だか良くわかりません。
cabinet.dllを明示的にインストールしたい場合は、
Microsoft Cabinet SDKについて
あたりからCabinet SDKをダウンロード/解凍して、cabinet.dllをwiroインストールディレクトリか、Windowsのシステムディレクトリにでも置いておいてください。
# cabinet sdkをBCBで静的リンクする方法がどうにもわからなかったので、
# 外部dll(cabinet.dll)を利用する形になっちまいました。(^^;
posted by sanahi at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | wiro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

wiro 0.2.9

Version Upしますた

えーと、0.2.8でLogDisk機能に不具合があり、すぐさま0.2.9にUpしています
ので、主要な更新は0.2.8を参照してください

vectorも反映済みです
[http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se326598.html]
Ver 0.2.9 2006/01/13
    ・LogDiskダイアログ不具合対策(BTS:188)
      WinXP上で起動直後にLogDiskダイアログを表示すると、以後リ
      ネームなどのダイアログが出なくなることがあるため、統合さ
      せたLogDiskダイアログの表示形式を変更 _no


Ver 0.2.8 2006/01/09
    ・LogHistory(Shift+L)廃止、LogDisk(L)へ統合(BTS:184,186)
    ・コンテキストメニューのサブメニューを表示するようにした(BTS:185)
    ・未選択時に無効なメニューを無効化表示するようにした(BTS:181)
    ・アイコン調整(PeitePriere http://snow.if.tv/)
    ・パス入力コンボックスを1つに統一、ヒストリも1つに統一

    ・タブの動的生成、削除に対応「ファイル」「新しいタブ」、「タブ削除」(BTS:183)
      タブの動的生成により、起動時のタブ数を少なめに設定すれば起動速度が早くなるかも

      ********************************************************************
      「新しいタブ」のキーバインドをCtrl+Nにしたため、既存のキーバインド
      「新しいファイル作成」と被っています
      「新しいタブ」のキーバインドがCtrl+Nで動作しない場合は、キーバインド
      設定で「新しいファイル作成」の定義を「なし」にして下さい
      ********************************************************************

    ・グラフィックビュアをモードレスにし、別タスクバー表示にさせた(複数表示可能)
    ・グラフィックビュアの一部画像表示時のチラツキを軽減した
    ・グラフィックビュアのウィンドウを閉じずに連続表示できるようにした(↑↓key)(BTS:182)
    ・グラフィックビュアで拡大/縮小できるようにした(←→key)
    ・グラフィックビュアで拡張子が違う画像を表示しようとしたときのエラーをダイアログボックスからログ出力へ変更
    ・グラフィックビュアで表示時サイズが収まらない場合は適度縮小するように変更した

    ・ソフトウェア更新で設定を間違った場合、終了できない場合がある(終了ボタンが押せない、F4で閉じれる)バグFIX
    ・ソフトウェア更新ダイアログのボタン名修正
    ・Editorコマンド(E key), FileViewer(V key), 関連付け実効(Shift+Enter)
      にて、実行時にカーソルを下げていたものを下げなくした (Enterによる自動判別時は下がります)

    ・外部コマンド "UpCur"追加(カーソルを1上に移動させる)
    ・ディレクトリ探索系処理時のエラーログ表示で、できるだけディレクトリパスを表示するようにした

    ・マクロ定義追加
      $(SEL_fnames)       選択されているファイル名リスト(ファイル毎にダブルクォートで囲まれ、スペース区切り)(アクティブなリストの反対側)
      $(SEL_pathfnames)   選択されているファイル名リスト(パス付き)(アクティブなリストの反対側)(BTS:179)
      $(SEL_pathfnames2)  $(SEL_pathfnames2)の拡張版 仮想ディレクトリやリモートディレクトリではテンポラリへ実体を置く(アクティブなリストの反対側)(BTS:179)
    ・マクロ展開テストでリストに関する展開をしていなかったバグFIX
    ・最大化>元に戻すでスクロールバーが消える対策(BTS:19)

    ・更新履歴(このファイル)をreadme.txtからhistory.txtへ分離

    ・その他もろもろ調整
posted by sanahi at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | wiro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Remarks
記事中にソースコードが含まれる場合、ソースコードの再利用、改変、「オレのものにする」等は自由ですが、
ソースコードを利用して起こった問題は一切責任を負いません。(自己責任での利用となります。)